日本航空 - G7サミット アンバサダー動画

G7サミットは日本にとって10年に1度のイベントでした。世界的に、特に、地政学に強い興味をもつThe Economistの視聴者/読者が日本に対し興味を抱いていました。また、日本は歴史的な観光ブームを迎えており、JALも利用客の40%が海外からとなるほどでした。当時JALは、より多くの方に自社を利用してもらい、日本に観光客を呼びこむことを希望していました。そのため、自社の認知度をアップさせ、旅券販売につなげるため、この2つのトレンドを活用しようと考えられていました。

ソリューション:

G7の各国首脳を迎える日本に世界の注目が集まる中、JALでは植木代表取締役社長(現:代表取締役会長)がJALの顧客第一(おもてなし)の理念を伝えることにより、知名度の向上やブランドの認知度を向上させることができました。スターの野球選手、松井秀喜氏が招待された、羽田空港での入社式を撮影しました。この動画はThe Economistで公開され、平均クリック率(CTR)は、平均より47%アップを記録しました。